究極のお嬢さん芸

すきなことを、すきなだけ

ENB来日公演 7/8夜 コッペリア

 

イングリッシュナショナルバレエが日本にきたっ!!!!わーーーい!!!
というわけでまずコッペリアを観てきました。

スワニルダ タマラ•ロホ
フランツ イサック•エルナンデス

この作品わたしがロンドンから帰国した直後に上演されたので観れなかったんですよ。
だから観れてとてもうれしい!!
そしてとても素晴らしかったです。
コールドも勢いがあるし揃ってるし、長旅の疲れも感じさせないパワーある舞台でした。

まずロホちゃん。
実はね昔出待ちしてたときに、いつかENBで日本に行きたいと言ってて、もしかしたらそのときは夢に近かったのかもですが、それが現実になっててすごいなって思います。なによりその場に立ち会えてうれしい。

かんじんのスワニルダですが、登場からかわいい。スワニルダってジゼルやオデットのような薄幸の美少女というよりは、リーズのように恋をしてる町娘で嫉妬したりいたずらしたりする普通の女の子なんですよね。それをコケティッシュに演じてました。
2幕のマイムは結構ウケてたし、そこはさすがです。わたしはかなり上の方から観てましたが、ちゃんとコッペリアは何を考えて行動してるかが表現されてるのが伝わります。
テクニックも圧倒的でした。
実は3幕、珍しくすべってヒヤッとしましたが、偶然にもそのコケたときの感じが2幕の人形のフリをしたような動きに似てて観客もちょっと笑いが起きたんですよ。それってやっぱり2幕で観客にスワニルダの人形のフリのマイムを強烈に印象付けてるからだと思うんですね。
これは偶然の事故だと思いますけど、やはりそれまでに観客がストーリーに入り込める舞台を作ってたから、うまく流れていったのだと思います。
ちなみにこのすべる直前までロホちゃんは驚異の長時間バランスとってました。あれビビった笑。
どうぞお怪我がなかったことを祈ります。

フランツのイサック•エルナンデスくん。イサックくんスターになっちゃうー、多分スターになっちゃうー、去年のワディムと同じオーラを感じるー!笑
何回か彼のダンスみてるけど、フランツのソロ圧倒的でしたね。いやー観てて気持ちのいい踊り!!フランツのソロって超難しそうなイメージなんですが、もうジャンプひとつに華と勢いがありました。
本当ね、3.4年前のマックレーくんとか去年のワディムとか、あのスターに登っていくときにだけある、独特のオーラをガンガン感じました。
いやースターになっちゃうー笑!

フランツとスワニルダの3幕のイチャつきっぷりも、普通のカップルって感じでかわいらしかったです。てかちょっとうらやましかったです。笑。

あとコールドが本当によかったです。
はじめて文化会館ってステージ狭いのかなって思ったレベルで全体の勢いがありました。
マズルカ?キャラクターダンス?もパワフルで楽しくてみててワクワクドキドキ!
こういうところの勢いがあるとそれだけで作品の質がぐっとあがります。
もともとコッペリア自体が楽しい物語ですが、舞台の上で全員でマイムしてるときとか、もはやコントの基本のような面白さ。このカンパニーの纏まりの強さを感じます。

衣裳も可愛かったです。コッペリアってきっと山の近くの街が舞台なんだろうなって衣裳から感じることができました。
セットもステキ。ツアーカンパニーだからきっといろんな仕掛けもあるんだろうなー!
あの火花でるのって消防法とかに申請してんのかな笑(元職業病笑)

ENBってこういったクラシックからアクラム•カーン版ジゼルといった新作、ピナ•バウシュとかも踊ってるって本当にすごいカンパニー!
来週の海賊も楽しみすぎます。
本当にロンドンでみた海賊はどの舞台よりも観客が興奮していました。
あーたのしみっ!幸せっ!