究極のお嬢さん芸

すきなことを、すきなだけ

魔の脳内2歳児

最近ずっと考えていました、いろんなこと。本当考えすぎてはげちゃうんじゃないかなって思ったし、実際ヘッドマッサージしてもらったら頭皮ゴリゴリですねーってお姉さんに言われました。やだよー、はげたくないよー!


とにかく、考えてました。何考えてたんでしょうね、いろいろ考えてたと思う。

信じてもらえない気もするけど、わたしは客観視と脳内シミュレーションで感情を抑えるクセがあります、信じてもらえないかもしれないけど。笑。


わたしがいわゆる"物語"が好きなのは、たまに行き過ぎるクセを外して、物語を通して自分の抑えてる部分を感じることができるからだと思います。

これ、悩んで悩んで気づいたことの1つ。だから映画も舞台もバレエも1人でみるのが好きなんです。だってそんな隠して抑えてる部分だすときに誰かにみられたくないし、誰かにみられてそれどう思われるかに気をとられたくないし。


でもねー、もうそれも面倒なんですよ。どうしてこんなに自分は不器用なのかなとか、どうしてこんなに迷うのかなとか、なぜなぜどうしてって魔の2歳児が脳内大暴れ。

 

やっとそこから抜け出したって思ったら今度は環境がわたしを試してきた。

えー、そっち?みたいなね。

でもさ、やっぱりわたしは不確かでも自分の夢を選んじゃう愚か者だし、まぁそれでいいやって、やっとさっき納得しました、ええ。

この2日間、やっぱり自分の不器用っぷりについて悩んだけど、でもなんで自分は泣きそうになったかって結論は友達の手を借りつつ自分で見つけたし、そこまでたどり着いたからそれでいいや。
また明日は魔の脳内2歳児が大暴れするかもしれないけど、とりあえず今は暴れてないし。


あとね、すごく嬉しかったのはこの1ヶ月ちょい、わたしの支離滅裂の話を聞いてくれて、それでいいじゃんて背中を押してくれて、わたしよりわたしのことわかってくれた人が何人もいて応援してくれてるってわかったこと。

こんなにいい人がわたしのこといいじゃんていってくれるならもう少し自分信頼していいんじゃない?って素直にそう思えた。


というわけでわたしはロンドンに戻ります。まだ何も決まってないけど、なんとかなるでしょ!