究極のお嬢さん芸

すきなことを、すきなだけ

ロイヤルバレエシネマシーズン ヴィサラ/牧神/チャイコフスキーパドドゥ/カルメン ヴィサラ編

ロイヤルバレエシネマシーズンを見てきました!
あぁミックスビルって見応えあるんだなーと感動しました。
ロンドンにいたときにみたミックスビルはラプソディ、art of fugue、グロリアっていうなんつーか玄人向きというか、うん笑。
でも今回のミックスビルはとても楽しかったです!各作品ずつ記事書きます。(もしかするとチャイコフスキーパドドゥと牧神の午後は一緒かも)

というわけで今回はViscera

まず音楽を聞いた瞬間から、まじ超リアム!というあほっこ女子高生みたいなこと感じてました。

作品の前の映像でリアム本人がとても素敵なこと言ってました。
ダンスは身体を使って何かを伝える表現とか、そんな感じのことなんですけど、本当その通りでもっとリアム好きになる笑。
どの言葉を話してる人にもダンスは思いを伝えることができるし、この抽象的なバレエをみんな思い思いに解釈して受け取ってほしい、とかかっこよすぎる。

というわけでリアムが好きに解釈していい(←ちょっと違う笑)と言ってたのでわたしなりに感じたことを。

ざっとまとめると、身体ってすごいんだなーです。
結構同じステップを繰り返すのですが、そこに大きな流れというか波みたいな勢いや空気が動いて、身体を動かすことで音楽とともにこんな風に場のパワーを作ることができるのだなぁと感じました。

衣装がとてもシンプルで、それでいて洗練されてて好きです。

同じ衣装を着て同じステップの中、ラウラさんの存在感が圧倒的で素晴らしかったです。
目が悪くて早い動きの中ダンサーさんたちの顔があまり追えなかった中、ラウラさんは舞台に現れたときからすぐわかりました。
本当かっこよかったです!

パドドゥの場面はネラさんと平野さんが一つ一つのパをかなり丁寧に踊っていてとても美しかったです。
平野さんは元々とても美しく踊る方だなーと思っていました。どのパも最後まで丁寧に美しいので、このパドドゥで平野さんの良さがかなり際立ったと思います。
なんかクラシックの平野さんも素敵だけど、リアムや他のコンテの平野さんの踊りのが好きかもしれない!
同じくリアムのヘンゼルとグレーテルの魔女なんか、美しく踊るからより気持ち悪いっていうなんだかすごいもん観た感が半端なかったのを思い出しました。

ネラさんも圧倒的に美しく踊っていました。どんな難しいパもリフトも軽々とこなしていて素敵。
なによりネラさんの表情を観ているだけで、抽象的な作品でも何か物語があるように感じてしまいました。あーネラさん好き好き!

パドドゥのあと、またみんなで踊るのですがラウラさんだけが少しだけ踊らず真ん中に立っている場面があります。そこのシーンがとてもかっこよかったです。

ラウラさん本当素敵でした!

ラウラさんのポジションできる人、他にはゼナイダさんくらいしか思いつかない。


抽象的な作品は基本的に得意ではないんですが、楽しかったです!

やっぱり時代はリアム!