究極のお嬢さん芸

すきなことを、すきなだけ

恋に落ちる演目

いつだったかネットでドン・キホーテは恋に落ちやすい演目、と書いてあったのをみました。
どなたかの個人ブログとかツイッターとかかも。

これを読んでたしかにー!と納得したわたし。
以下、独断と偏見笑。

ドン・キホーテのキトリとバジルの恋に落ちやすいポイントというのはどこかなと考えたとき、1幕のバランスおよびキトリがバジルにダッシュして飛び込むところな気がします。

特に飛び込み。あそこすごい勢いで走ってるよね、キトリ笑。
あれは客席も盛り上がるし、なにより2人の絶大な信頼がない限り、バレリーナは飛び込めないと思います。一歩間違えたらオケピに落ちる...。
パドドゥはもちろん信頼関係が必要だけど、やっぱりあの飛び込むっていうのは勇気と相手を信じること、受け手の絶対受け止めるという自信がなきゃ恐ろしすぎます。全部揃ってたって恐ろしいもん笑。
だからこそ、そこを乗り越えちゃったらなにかあってもおかしくないね!(下世話笑)

というわけで、他にもわたしの少ない情報量で自分なりに恋に落ちそう演目と恋落ちポイント考えました。

マノン
恋落ちポイント  沼地のパドドゥ
沼地のパドドゥもドン・キホーテのように飛び込むシーンがたくさんあるし、デグリューのマノンに対する一途さは女性なら気持ちいいはず笑。デグリューみたいなMっ気のある男性だと尚更あり得るな笑!(下世話笑)

恋落ちポイント  全部
まぁ演目内容もだし、舞踏会で目が合うシーン、バルコニー、怒涛のラストまで恋落ちポイントたくさん!マクミラン特有のリフトたくさんなのでやっぱり信頼関係も深まるし。

ジュエルズ ダイヤモンドパドドゥ
恋落ちポイント 音楽とダイヤモンド
ゆったりした音楽にロマンチックな振り付け、なによりダイヤモンドというテーマ。なんとなく結婚をイメージしやすい。わたしが観たのはネラさん&ティアゴカップルだったのもあるかもだけど、あの演目はsomething in the air 的な雰囲気に陥りやすい気がします笑。


もっと書きたいなーこのテーマ笑。
とりあえずわかったのは、マクミランは恋落ちポイント多発演目ってことですね笑!

つづくかも笑