究極のお嬢さん芸

すきなことを、すきなだけ

Alice's adventure in wonderland キャスト感想1

いよいよキャスト感想。ぬふふ。書く前からテンションあがる笑♥️

アリス サラ•ラム
図らずも観たかったラムちゃんでのアリス。よければこちらどうぞ。
ローレン早くよくなってね!!

さぁ本題。ラムちゃんはスーパークールビューティーなので、13.4歳の女の子をどうやって演じるのかとても楽しみでした。そして思った以上に可愛らしい少女でした!表情がクルクルかわってかわいい!
あとゼナイダさんと親子に見えるよね笑。2人ともクールビューティーだからか。
アリスはずっと出ずっぱりだけど決して疲れは見せず、ずっとフル稼働で素敵でした。オープニングでジャックと戯れてるときの照れてるかわいいアリスから最後裁判のときにしっかりと女王と向き合うところまで、冒険を通して成長したアリスの姿をとても自然に演じていました。
いやーラムちゃん1度ほんの少しだけお話をしたことがあるのですが、本当に同じ人類なのかと思うほど美しくて細くて白くて、自分の存在ってなんなのだろうかと思ったことがあります爆笑。
でもとても優しかったです。ラムちゃんの白鳥もみてみたいなー!

ジャック フェデリコ•ボネリ
フェデさーん!マノンぶりだ笑!
フェデさんってあのザ王子様ルックで、なおかつ中身もとても素敵な王子様みたいな方ですが、結構バリバリなんでも踊れるユーティリティダンサーさんな気がする。だからクラシックもコンテもとても素敵。
2幕から3幕に増えたことでワンダーランドに移動してからのジャックとアリスの関係描写が増えたので、よりジャックとアリスの淡い恋物語という感じになっているように感じます。フェデさんて実年齢多分30後半でしょ?信じられぬ。
本当にフェデさんて舞台の上で誠実に相手役に向き合っているので、とても好きです。というより、もちろん元々好きだったけど更にマノンとアリスを通して好きになりました。

ハートの女王 ゼナイダ•ヤナフスキー
大好きすぎるよ、ハートの女王様笑。オープニングの神経質なお母さんから3幕のぶっ飛んでる女王様のギャップが好き。
今回またあとで書きますが、マッドハッターよりもマッドでクレイジーだったと思います。そしてオープニングでマジシャンとお母さんのイチャイチャ半端なかったな笑。
振付のクリス•ウィールドンが言ってましたがゼナイダさんはとても演劇的なダンサーなので、本当にどんな役を踊ってても目を引きます。今回のハートの女王のようなコメディタッチのキャラクターでも、決してやり過ぎず絶妙なところで演じられてるのは本当にすごい!
タルトアダージョも笑いとテクニックが両方バランスよくて安心して観れます。
本当は彼女のローズアダージョもみてみたい。なんかガラとかでやればいいのに!

マッドハッター スティーブン•マックレー
マックレーくん。この役はこの作品の中でも人気だしいい意味でわかりやすいマッドでクレイジーな場面だと思うんです。わたしも大好き。でも今回、音楽のテンポが少し遅くて、そのマッドネスなノリは少し削がれてしまった気もします。
うーんもったいない。彼のせいではないけどね。ブラボー飛んでたので、もしかしたら生で観ていたほうが迫力あったのかもですが、正直今回のよりは映像のほうがぶっ飛んでていい気もします。
なにより、パパになっておめでとう!

とりあえず、ここまで!つづきます!